気になるイボも即解決!

いぼの素を排除【種類に応じて治療法を選択】

環境ができものを作る

鏡を見る女性

まずいぼとは何かを知る

いぼは、できものの一種です。円形に盛り上がった小さな腫瘍なのです。大抵の人は、年齢を積み重ねてしまったせいなのか、体質的にできやすいのかと思われがちです。実は、いぼができるのは加齢や体質の問題ではなく、環境によって丸く盛り上がってしまいます。なぜ、環境がぷっくりとしたできものを作ってしまうのかを説明します。

ウイルス性が生じる原因

いぼには、ウイルス性と老人性の2種類ほどが存在します。ウイルス性は、文字通りで外部からヒトパピローマウイルスかモルシボックスウイルスが外傷から侵入し、感染して引き起こされる症状です。ウイルス性いぼにかかりやすい人は、ケガのリスクが高い職業、あるいは人と触れ合う仕事に従事している人です。また、生活リズムの乱れで体の免疫力が落ちてしまっている人も、ウイルス性いぼにかかってしまいやすいです。

老人性が生じる要因

老人性の場合は、直射日光を浴びる機会が多い、不規則な生活リズム、ストレスの蓄積により生じてしまいます。これらの要因で、肌を新しくするためのターンオーバー周期が乱れてしまい、次第にポツポツのできものが生じてしまいます。ちなみに、老人性は名称の印象から、年齢を重ねた人に多い印象を抱きます。しかし、先ほど挙げた要因に当てはまる生活をおくっている若年の人も生じるリスクがあります。老人性いぼは、いわゆる条件さえ整ってしまえば、あらゆる人が発症してしまうのです。

効果的に治療する方法

一応、いぼをなくすための市販薬が存在しますが、自身に生じた症状の特徴を把握するのが必須です。仮に、タイプを把握してセルフで治療しても、皮膚内にウイルスが残ってしまっていることも考えられます。皮膚内にいぼの素を残さないためには、クリニックでの治療が望ましいです。皮膚のスペシャリストにかかれば、皮膚内に潜む素を大量に消す治療を実施してくれます。それに、クリニックでの治療は傷跡が目立ちにくいものばかりなので、跡が残る心配を抱かなくて済みます。

鏡を見る女性

種類を把握

いぼは、生じた箇所によって呼ばれる名称が異なります。どれも、共通しているのが環境によって引き起こされているところです。種類を細かく把握すれば、クリニックでの治療を受ける際に、適切な治療法を選択しやすくなります。

カウンセリング

危険性の高いできもの

一般的に、放置しても問題なさそうないぼでも、治療で早めに取り除いた方がいいタイプもあります。それは、基底細胞皮膚がんで、見た目的に普通のと見分けがつきにくいのです。

顔を触るウーマン

治療方法をチェック

いぼを取り除くには、治療法の種類を把握するのが重要事項です。なぜなら、除去方法によっては施術跡を最小限に抑えられるので、後々の生活へ影響を及ぼしにくくなります。

鏡を見る女性

費用でリサーチ

いぼを取り除くためにクリニックで治療を受ける場合、療法ごとでかかる費用を把握するのが大切です。それぞれの療法では、いくらかかるのか調べるのと同時にリスクやダウンタイム期間についてもリサーチするのも重要です。

カウンセリング

名医との出会い方

大切な肌からいぼを取り除くために、クリニック選びが肝心です。治療方法に関する詳細な説明をしてくれるか、術後のケア方法をわかりやすく説明してくれるかで選ぶのが望ましいです。