女性

いぼの素を排除【種類に応じて治療法を選択】

費用でリサーチ

鏡を見る女性

治療でかかる費用を把握

いぼを取り除くための治療は、レーザーや液体窒素を用いた切除法があります。また、クリニックによっては内服薬を用いて体の内側から治す療法を採用しているところもあります。クリニックを利用して目立つできものを取り除く以上、どの治療法にするか決めるのは自分自身です。術後のダウンタイムはどれくらいか、傷跡が目立ちにくいかどうかで決めるのも有効ですが、かかる費用も考慮した方がいいです。なぜなら、いぼの大きさや生じた数に応じて、治療が変動するからです。クリニックのHP内ではあらゆる療法の料金帯を記載していますが、あくまで目安として載せているに過ぎないのです。正確な治療費を把握するには、一度クリニックでカウンセリングを受けてみる手もありです。

レーザーでの切除

出血が少なめで、刺激も感じにくい治療法であるレーザー照射なら、肌に負担がかかりにくいと言えます。また、傷跡を目立ちにくくしてくれるのと、再発しにくいのもメリットに挙げられます。ただし、レーザー照射は健康保険が適応されにくいので、全額自己負担になりやすいです。1mm程度の大きさだと、安くて2,000円か5,000円程で、高くて30,000円程となります。勿論、クリニックによって金額に差があるので、事前にいくらなのか調べるのが望ましいです。

リーズナブルな治療法

液体窒素を利用した治療法は、安価な価格で利用できるメリットがあります。手軽にいぼを取り除けますが、患部を焼く要素が含まれるので、術後のケアは慎重に行うのが望ましいです。また、液体窒素の療法は、いぼの根っこに到達するまで時間がかかりやすく、症状度合いによっては長くて1年近くかかってしまうケースもあるそうです。液体窒素を利用した療法は、少しでも安く済ませたい、そんな人にうってつけといえますが、術後のケアに気を使うのを意識して受けるべきです。

治療を受ける上で大切なこと

レーザーや液体窒素、あるいは他の療法を用いていぼを取り除くなら、経験豊富なところを利用するのが望ましいです。傷跡が目立たず、再発リスクも少ないといわれているレーザーでも、医師の腕に左右されてしまいます。費用も勿論大切ですが、利用するクリニックの技術力や評判も同じくらい大切です。失敗しないためにも、あらゆる観点からクリニックリサーチをすべきです。