女性

いぼの素を排除【種類に応じて治療法を選択】

治療方法をチェック

顔を触るウーマン

治療方法をチェック

顔や体にできたいぼは、できる限り早めに治療で取り除いておきたいものです。視覚的に目立つのは勿論ですが、別ページで紹介した悪性の皮膚腫瘍であることも考えられます。後々、面倒な展開になるのを避けるためにも、除去法を受けるのを希望した方が懸命です。しかし、いぼ治療でもいろんな方法が存在します。主にレーザーや液体窒素を用いた切除方法が行われています。もし、クリニックで切除を希望するなら、それぞれの治療法はどんなものかをまずはチェックしてみるのがおすすめです。

レーザー治療

平たくいえば、レーザーの光でいぼができた箇所周辺を焼き切る方法です。切り取るという言葉が出てきたら、ひどく出血しそうな印象を抱いてしまいやすいですが、レーザー治療はそんな心配は不要です。レーザーでも、皮膚細胞内にある水分を熱エネルギーに変換して焼き切ります。そのため、患部周辺を流れる血流を凝固させて出血を最小限に抑えてくれます。ちなみに、治療にかかる期間は3ヶ月か半年ほどと、比較的短めです。

液体窒素療法

液体窒素を染み込ませたコットンを、いぼができた箇所に押し当てて焼いてから切除します。一見、刺激が強そうな印象を抱いてしまいますが、事前に麻酔を患部周辺に注入するので、ほとんど刺激は感じないです。焼いた後の切除は、人の手で行われます。一見、早く除去できそうに見えますが、液体窒素は皮膚の表面を焼いてから切るので、度合いによっては早くて3ヶ月ほど、長くて1年ほどかかります。

治療を受けるなら

レーザーか液体窒素のどちらかを選んでも、いぼを高い確率で取り除けるのは確かです。しかし、治療後のダウンタイムなどを考慮すると、レーザー療法の方が安全性は高めです。跡も残りにくいのと再発しにくいのがレーザー療法の強みです。もし、レーザー療法を選ぶなら、金額はどれくらいかかるのか、担当の医師はどれほどの経験を持っているのかを見極めるのが必須です。